KATO(カトー)西武101系の電車を買取

KATO(カトー)西武101系の電車を買取

KATO(カトー)西武101系の電車を買取

みなさんこんにちは!本日は鉄道模型買取アローズにて「KATO(カトー)西武101系初期形」の電車を買取ました!
こちらは、株式会社関水金属のKATO(カトー)より販売されている鉄道模型です。KATO(カトー)といえば、鉄道模型のファンの方ならご存知の日本を代表する鉄道模型のブランドですよね。1957年に創業された関水金属は国内の模型販売だけでなく、海外にもその製品を輸出を行っていき、現在ではトミー(TOMY)や天賞堂など人気鉄道模型メーカーの1つとなりました。今回はそんなKATO(カトー)より販売されている「KATO(カトー)西武101系初期形」の電車をご紹介をしていきます。
そもそもこの模型のモデルとなった西武101系の電車が走行を始めたのは1969年でした。こちらの電車は全長が20,000mm、高さ4,231mm、6両編成でおよそ990人の乗車が可能でした。旧西武秩父線の配置だったため、池袋や新宿といった大都市を通過し、通勤電車として利用されていました。こちらの電車の特徴は通勤電車でありながら山岳対応されているところです。西武秩父線は急こう配なところも走行するため、勾配抑速発電制動や発電制動といった西武鉄道では初の装置が搭載されたことで注目されました。旧101系は1976年には4両編成や6両編成など278両ほど製造されましたが、それ以降は新たな製造もほとんどなく、2010年には運転終了、廃車となりました。そんな旧101系の鉄道模型が「KATO(カトー)西武101系初期形」として販売されました。非常に細部にまで再現されていて、パンタグラフやドア部分、ランプの点灯などしっかりしています。床下機器なども見れば見るほど作り込まれているのがわかりますよ。最後に行先表示シールを貼り付ければ自分だけの「KATO(カトー)西武101系初期形」を完成しちゃえます。現在では廃車となってしまった西武旧101系を「KATO(カトー)西武101系初期形」にて蘇らせることができますよ!
鉄道模型買取アローズでは引き続き「KATO(カトー)西武101系初期形」の買取を行っています!「KATO(カトー)西武101系初期形」の買取をご希望される方は、ぜひ買取商品一覧ページより買取情報をご確認ください。お客様に満足していただくために、鉄道模型買取アローズは無店舗運営により運営費をコストカットし、買取価格に上乗せしております。そのため業界トップの高価買取を実現させています。さらに、高価買取だけでなく宅配買取や大口査定など充実したサービスもご用意しています!大口査定では買取の点数に上限を設けていませんので、一般のお客様の他にも在庫を抱えている法人のお客様にも非常にご満足していただけるサービスです!鉄道模型買取アローズは皆様のご応募をお待ちしております。

ページの先頭に戻る

カトー

CVエリア

0120-160-882

電話受付時間【9:00〜15:00 水/日曜定休】