GREENMAX(グリーンマックス)買取

GREENMAX(グリーンマックス)買取

GREENMAX(グリーンマックス)買取

こんにちは!本日は鉄道模型買取アローズにて「GREENMAX(グリーンマックス)京阪2400系旧塗装」の車両を買取ました!
みなさん京阪電車をご存知でしょうか?京阪とも呼ばれ、大阪府、京都府、滋賀県を走行する大手私鉄です。京阪2400系はその京阪線を走る車両の1つです。今回はそんな「GREENMAX(グリーンマックス)京阪2400系旧塗装」の車両についてご紹介します。
京阪2400系は、1969年に川崎重工業により製造された電車です。大きさは全長18,700mm、高さ4185mm、定員人数が1030人と大型の通勤電車として利用されました。こちらの京阪2400系の前には1964年に登場した2200系の前モデルがあり、全長やデザインなどはほとんど変更されることなく引き継がれました。ただ、1つ大きく違う部分があります。それは、京阪2400系には冷房装置が設備されているところです。電車に冷房装置が設備されたのは京王5000系に続いて登場し、関西では冷房装置が設備された初めての通勤電車として注目を集めました。ただ、冷房装置は1両につき8台装備されており、大容量の電動発電機が必要になりました。京阪2400系は冷房装置だけでなく、通勤電車としてより多くの乗客を乗せるために座席や車両に工夫がされました。1人あたりの座席の幅を狭くすることで、ラッシュ時にも多くの人が乗車できるようになり、扉付近の立席部分も2200系よりワイドにされました。また、中間車にのみ主電動機を設備することで、運転台のスペースをなくすことで定員数を増加させました。GREENMAX(グリーンマックス)では京阪2400系を新塗装、旧塗装ともに販売されていました。新塗装、旧塗装の両方購入することでどんな風にデザインが変わったのか、変化を感じるできますよ。さらに、京阪電車の変更後のロゴマークもちゃんと印刷されています。行先表示シールには淀屋橋など近畿のローカルな駅名がたくさんあるので、近畿出身の人はさらに楽しめる車両です。インレタ転写作業が不要なので、転写が苦手な人にはぴったりの鉄道模型ですよ。京阪電車を知っている人も、知らない人もぜひ購入してみてはいかがでしょうか?
鉄道模型買取アローズは「GREENMAX(グリーンマックス)京阪2400系旧塗装」の車両の買取を強化しています!「GREENMAX(グリーンマックス)京阪2400系旧塗装」の買取情報を知りたい方は、買取商品一覧ページをご覧ください。ご自宅にある車両や鉄道模型を廃品にしてしまう前に、ぜひ鉄道模型買取アローズの査定をお試しください。査定料は無料です。もちろん、キャンセル料も発生しません。ほかにも大口査定や買取価格30%UPキャンペーンなどお得なサービスを行っています!鉄道模型の買取は鉄道模型買取アローズにお任せください。

ページの先頭に戻る

グリーンマックス

CVエリア

0120-160-882

電話受付時間【9:00〜15:00 水/日曜定休】