買取価格情報

買取価格情報

マイクロエース(MICROACE)鉄道買取

みなさんいかがお過ごしでしょうか?本日は鉄道模型買取アローズにて「マイクロエース(MICRO ACE)南海50000系ラピート」を買取ました!
本日ご紹介する鉄道模型の南海50000系ラピートは、南海電気鉄道株式会社が所有する列車の1つです。南海電気鉄道は、1884年に大阪堺間鉄道として設立されました。その後、南海鉄道が新設され大阪高野鉄道や阪和電気鉄道といった会社を合併することで、さらに路線を広げていきました。南海電気鉄道の歴史は非常に長く、現存する日本の私鉄の中では最古の鉄道となっています。また、南海電気鉄道は南海ホークスや大阪球場など野球球団や野球場なども運営していました。現在こちらの会社が運営する鉄道は南海電車とも呼ばれ、主に大阪府や和歌山県などを走行しています。
そんな南海電車は大きく2つに分けられ、1つは南海高野線、そしてもう1つが南海本線です。南海50000系ラピートはその南海本線で走行している特急列車なのです。このラピートが走行するのは南海なんば駅から関西空港駅までの区間で、関西空港までのアクセスが非常に便利になり空港特急とも呼ばれるようになりました。全長は125,600mmとありながらも、定員数が252人と1人のスペースが広い車両となっています。南海50000系ラピートの最大の特徴といえば、やはり車両のデザインですよね。紺色に統一されたカラーは南海電気鉄道の電車の中でも非常に目につきます。1995年には鉄道友の会員の投票により、ブルーリボン賞も受賞しました。さらに、南海50000系ラピートはコラボも非常に多い電車で、「機動戦士ガンダム」やLCCで有名なピーチ、「スターウォーズ」といった映画やアニメなどのデザインがあしらわれた南海50000系ラピートが過去には走行していました。ちなみに、マイクロエースからピーチデザインも販売されていますよ。そんな「マイクロエース(MICRO ACE)南海50000系ラピート」は、ラピートの特徴がしっかりと再現されています。パンタグラフや床下機器もしっかり作られていますし、南海50000系ラピート特有のボディラインも表現されていますよ。南海鉄道ファンなら「マイクロエース(MICRO ACE)南海50000系ラピート」は見逃せませんよ!
鉄道模型買取アローズでは「マイクロエース(MICRO ACE)南海50000系ラピート」の買取を募集しております。買取をお申込みされる方は、事前に買取商品一覧ページにて買取情報をご確認ください。もちろん、そのほかの鉄道模型の買取も行っております!サイトに記載されていないメーカーの鉄道模型も買取する場合がございますので、その際はお気軽にお問い合わせください。皆様のたくさんのご応募お待ちしております!

ページの先頭に戻る

マイクロエース

KATO(カトー)JR485系雷鳥を買取

みなさんこんにちは!本日は鉄道模型買取アローズにてJR「KATO(カトー)485系初期形雷鳥」を買取りました!
普段からJR西日本を利用している人は、サンダーバードという列車の名前を聞いたことあるかもしれません。サンダーバードとは、大阪駅と金沢駅を走行する特急列車のことです。大阪府と中部地方のアクセスが非常に便利になったためサンダーバードはJR西日本において非常に注目されるようになりました。ですが、そんなサンダーバードには前身の特急列車があったことをご存知でしょうか?それが本日買取した特急列車雷鳥です。そこで今回のブログでは、サンダーバードが登場する以前に活躍していた雷鳥についてご紹介します。
JR特急列車雷鳥は1964年に登場し、当時は大阪駅から富山駅間で運行されていました。1971年には489系と485系が使用されていましたが、翌年の1972年には分離され、白山やしらさぎなども登場し、使用されるようになりました。1989年にはこの雷鳥とパノラマ型グリーン車が連結したことによりスーパー雷鳥が誕生しました。このラウンジカーは以前はグリーン個室「和風車だんらん」として利用されていましたが、運用を終了した後は半室グリーン車として改造されスーパー雷鳥に連結されることになりました。「和風車だんらん」は個室の4人座敷のグリーン車と非常に特徴的で、鉄道ファンなら1度は乗車してみたいですよね。スーパー雷鳥が誕生したことにより、最高速度が130キロメートル毎時へとパワーアップし、大阪駅から金沢駅を最速で2時間39分でアクセスできるようになりました。そんなスーパー雷鳥も1995年に681系が導入されたことにより、2001年に運行が終了となりました。JR「KATO(カトー)485系初期形雷鳥」はそんな特急列車雷鳥をミニサイズで楽しむことができますよ!行先表示シールはもちろんのこと、セット内容には8両基本セットと4両増結セットが含まれています。さらに別売オプションとしてLED室内灯を使用すればよりリアルに再現されますよ。鉄道模型ファンならJR「KATO(カトー)485系初期形雷鳥」は見逃せませんね!
鉄道模型買取アローズでは引き続きJR「KATO(カトー)485系初期形雷鳥」の買取を行っております。傷がついていても構いません。廃品にしてしまう前に、ぜひ1度鉄道模型買取アローズの査定をお試しください。もし、「こんな状態でも売れるかな?」などのご質問やご相談がございましたら、スタッフにまでお気軽にお問い合わせください。もちろん、そのほかの鉄道模型の買取も募集しております。鉄道模型売るなら鉄道模型買取アローズで決まりですね!たくさんのお申込みお待ちしております!

ページの先頭に戻る

カトー

GREENMAX(グリーンマックス)買取

こんにちは!本日は鉄道模型買取アローズにて「GREENMAX(グリーンマックス)京阪2400系旧塗装」の車両を買取ました!
みなさん京阪電車をご存知でしょうか?京阪とも呼ばれ、大阪府、京都府、滋賀県を走行する大手私鉄です。京阪2400系はその京阪線を走る車両の1つです。今回はそんな「GREENMAX(グリーンマックス)京阪2400系旧塗装」の車両についてご紹介します。
京阪2400系は、1969年に川崎重工業により製造された電車です。大きさは全長18,700mm、高さ4185mm、定員人数が1030人と大型の通勤電車として利用されました。こちらの京阪2400系の前には1964年に登場した2200系の前モデルがあり、全長やデザインなどはほとんど変更されることなく引き継がれました。ただ、1つ大きく違う部分があります。それは、京阪2400系には冷房装置が設備されているところです。電車に冷房装置が設備されたのは京王5000系に続いて登場し、関西では冷房装置が設備された初めての通勤電車として注目を集めました。ただ、冷房装置は1両につき8台装備されており、大容量の電動発電機が必要になりました。京阪2400系は冷房装置だけでなく、通勤電車としてより多くの乗客を乗せるために座席や車両に工夫がされました。1人あたりの座席の幅を狭くすることで、ラッシュ時にも多くの人が乗車できるようになり、扉付近の立席部分も2200系よりワイドにされました。また、中間車にのみ主電動機を設備することで、運転台のスペースをなくすことで定員数を増加させました。GREENMAX(グリーンマックス)では京阪2400系を新塗装、旧塗装ともに販売されていました。新塗装、旧塗装の両方購入することでどんな風にデザインが変わったのか、変化を感じるできますよ。さらに、京阪電車の変更後のロゴマークもちゃんと印刷されています。行先表示シールには淀屋橋など近畿のローカルな駅名がたくさんあるので、近畿出身の人はさらに楽しめる車両です。インレタ転写作業が不要なので、転写が苦手な人にはぴったりの鉄道模型ですよ。京阪電車を知っている人も、知らない人もぜひ購入してみてはいかがでしょうか?
鉄道模型買取アローズは「GREENMAX(グリーンマックス)京阪2400系旧塗装」の車両の買取を強化しています!「GREENMAX(グリーンマックス)京阪2400系旧塗装」の買取情報を知りたい方は、買取商品一覧ページをご覧ください。ご自宅にある車両や鉄道模型を廃品にしてしまう前に、ぜひ鉄道模型買取アローズの査定をお試しください。査定料は無料です。もちろん、キャンセル料も発生しません。ほかにも大口査定や買取価格30%UPキャンペーンなどお得なサービスを行っています!鉄道模型の買取は鉄道模型買取アローズにお任せください。

ページの先頭に戻る

グリーンマックス

TOMIX(トミックス)キハ120型を買取

本日も鉄道模型買取アローズのブログをご覧いただきまして、ありがとうございます!今回は「TOMIX(トミックス)キハ120型津山線」を買取ました!
鉄道でキハといえば、JR(ジェイアール)の車両のことをいいます。鉄道模型でもキハの人気は非常に高く、木次線や関西線など幅広い車両が鉄道模型として販売されています。今回はその中でも「TOMIX(トミックス)キハ120型津山線」の車両についてご紹介します。
そもそも津山線というのは、岡山県の岡山駅から津山駅を通るJR西日本の路線です。1898年に開業し、非常に高い技術力により因美線と津山線は岡山駅と鳥取駅をつなぐ主要線として活躍していました。ですが、智頭急行智頭線の登場により津山線は岡山県内の都市を結ぶ連絡線として利用されるようになりました。そんな津山線ではキハ40形と47形、そしてキハ120型の車両が走行していました。キハ120形は1991年にJR西日本では初めての新製気動車として登場しました。キハ120形は製造された年代によって番台が区分され、1991年を200番台、1992年を0番台、1993年を300番台とされています。この車両の全長は16,300mm、高さが4,045mmの両運転台付単行車です。席数は200、0、300番台ともに49席で定員数がおよそ110人前後のため小型の鉄道として、岡山県民の足となっていました。そんなキハ120形が再現された鉄道模型が「TOMIX(トミックス)キハ120型津山線」です。約10,000円で販売されているので、非常に手に入れ安い鉄道模型なんです。また2編成なので置く場所を取らず、オレンジとピンクのラインなので、女性の方やあまり鉄道模型に詳しくない人もオブジェ感覚で、こちらの車両を楽しむことができますよ。もちろん、ヘッドライトやテールライトも点灯し、津山線キハ120形特有のトイレ設置部分には窓が塗りつぶされているなど、細部の再現力も非常に高い車両ですよ。「TOMIX(トミックス)キハ120型津山線」は、オブジェとしても鑑賞としても楽しめる鉄道模型ですよ。
本日は「TOMIX(トミックス)キハ120型津山線」の紹介をしましたが、今後も鉄道模型買取アローズではそのほかの鉄道模型のご紹介もしていきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。また、「TOMIX(トミックス)キハ120型津山線」の買取についても募集しています!付属品がない状態でも査定させていただきますので、お気軽にお申し込みください。詳しい買取商品については買取商品一覧ページにて掲載していますので、そちらをご確認ください。皆様のたくさんのご応募お待ちしております!

ページの先頭に戻る

トミックス

KATO(カトー)西武101系の電車を買取

みなさんこんにちは!本日は鉄道模型買取アローズにて「KATO(カトー)西武101系初期形」の電車を買取ました!
こちらは、株式会社関水金属のKATO(カトー)より販売されている鉄道模型です。KATO(カトー)といえば、鉄道模型のファンの方ならご存知の日本を代表する鉄道模型のブランドですよね。1957年に創業された関水金属は国内の模型販売だけでなく、海外にもその製品を輸出を行っていき、現在ではトミー(TOMY)や天賞堂など人気鉄道模型メーカーの1つとなりました。今回はそんなKATO(カトー)より販売されている「KATO(カトー)西武101系初期形」の電車をご紹介をしていきます。
そもそもこの模型のモデルとなった西武101系の電車が走行を始めたのは1969年でした。こちらの電車は全長が20,000mm、高さ4,231mm、6両編成でおよそ990人の乗車が可能でした。旧西武秩父線の配置だったため、池袋や新宿といった大都市を通過し、通勤電車として利用されていました。こちらの電車の特徴は通勤電車でありながら山岳対応されているところです。西武秩父線は急こう配なところも走行するため、勾配抑速発電制動や発電制動といった西武鉄道では初の装置が搭載されたことで注目されました。旧101系は1976年には4両編成や6両編成など278両ほど製造されましたが、それ以降は新たな製造もほとんどなく、2010年には運転終了、廃車となりました。そんな旧101系の鉄道模型が「KATO(カトー)西武101系初期形」として販売されました。非常に細部にまで再現されていて、パンタグラフやドア部分、ランプの点灯などしっかりしています。床下機器なども見れば見るほど作り込まれているのがわかりますよ。最後に行先表示シールを貼り付ければ自分だけの「KATO(カトー)西武101系初期形」を完成しちゃえます。現在では廃車となってしまった西武旧101系を「KATO(カトー)西武101系初期形」にて蘇らせることができますよ!
鉄道模型買取アローズでは引き続き「KATO(カトー)西武101系初期形」の買取を行っています!「KATO(カトー)西武101系初期形」の買取をご希望される方は、ぜひ買取商品一覧ページより買取情報をご確認ください。お客様に満足していただくために、鉄道模型買取アローズは無店舗運営により運営費をコストカットし、買取価格に上乗せしております。そのため業界トップの高価買取を実現させています。さらに、高価買取だけでなく宅配買取や大口査定など充実したサービスもご用意しています!大口査定では買取の点数に上限を設けていませんので、一般のお客様の他にも在庫を抱えている法人のお客様にも非常にご満足していただけるサービスです!鉄道模型買取アローズは皆様のご応募をお待ちしております。

ページの先頭に戻る

カトー

CVエリア

0120-160-882

電話受付時間【10:00〜18:00 水曜定休】